ウェブサイトを作るために必要になる知識とは

HTMLはウェブサイトの制作に必須

HTMLとは主にウェブサイトを作成するときに用いられるプログラミング言語で、ウェブサイトの基礎にもなっています。HTMLは全世界に公開されているプログラミング言語で、常にアップデートされていて現在のバージョンはHTML5となっています。バージョンについては常にアップデートされていて新しい機能などが追加されていて、今後もアップデートされてバージョンアップしていく予定です。今後も安定したアップデートが予定されているので将来性のあるプログラミング言語で、今後のウェブサイトにもHTMLが使われる可能性が高いです。

ウェブサイトはすべてHTMLが基礎となっていて、ソースコード上でウェブサイトに表示させたい文字列を入力したり、入力した文字列を様々なタグで囲むことでウェブサイトが出来上がります。

CSSはウェブサイトをさらに見やすくするためのもの

CSSはHTMLで記述したソースコードに手を加えて、見た目を綺麗にしたりインパクトを与える編集をするものです。HTMLでは表示できないような画像や動画などをウェブサイト上へ表示させたり、文字の大きさを変更して大きくしたり小さくしたりなどが行えます。CSSは基本的に装飾で使うことになるので、画像の挿入や装飾などを行わなくてもよい場合には必要ありませんが、ウェブサイトの見た目を綺麗にしたりなどで装飾したい場合には必須になります。CSSもHTMLと同じようにソースコードの様に記述することでウェブサイトとして表示させることが可能です。

多言語サイトを持つことで世界中の人にアピールできます。グローバル化が進むインターネット社会へ対応させましょう。