初めての青色申告をする!その手順はどうすればいい?

青色申告の適用を受ける方法

不動産の賃貸を始めたり、サラリーマンからフリーランスになった人は、そこから得られる収入や所得を申告しなければいけません。その際に青色申告者として確定申告をしておけば、税金の計算をする上で優遇されるため大きな節税効果があります。青色申告の適用を受けるには、その年の3月15日まで、新規に開業した場合は業務開始日から2ヶ月以内に青色申告承認申請書を税務署に提出します。その後、12月31日までに税務署から連絡が無ければ自動的に承認された事になります。

申告に必要な書類は?

青色申告は、1年間に生じた収入や経費を正規の簿記の原則(一般的な複式簿記)に従って記帳する事が適用要件です。そのため確定申告には現金出納帳などの帳簿書類が必要であり、給与所得や公的年金がある人は源泉徴収票も必要となります。なお、確定申告書や青色申告決算書は税務署で貰えますが、国税庁のホームページからダウンロードする事もできます。

確定申告書の作成手順は?

確定申告書の作成手順は、まず帳簿から損益計算書に収入と経費を記入して差し引き金額を計算します。次に青色申告の特典である専従者給与や青色申告特別控除額を記入すると所得金額が計算できます。また、貸借対照表には帳簿の残高を記入しましょう。そして確定申告書(第一表)の収入と所得の項目にそれぞれの金額を記入し、基礎控除や社会保険料控除などを所得から差し引かれる金額の各項目に記入します。後は課税所得に税率を掛けて所得税を計算するだけです。なお、確定申告書は税務署に持参して提出する方法と郵送する方法、インターネットで申告する方法がありますが、インターネットを利用する場合は事前に電子証明書の取得や開始届出書の提出が必要となります。

青色申告は白色申告に比べ帳簿の記帳が難しくなりますが、特別控除を受けることができる、赤字の繰越ができるなどのメリットがあります。