戸建て住宅に住んでいる場合

戸建て住宅に住んでいて、庭側に人通りの多い道がある場合、庭の広さにもよりますがプライバシー保護のために庭が広い場合におすすめなのは、思い切って高さ2mくらいの塀を作ってしまい、周囲の視線を完全にガードしてしまうという方法です。庭の前を人が頻繁に通る場合、庭でお茶したりバーキューしたり昼寝したりするのは、人の目が少しでもあると行いにくい事なので、この方法は大変おすすめです。なお、庭が狭い場合は、高い塀を作ってしまうと陽当たりが悪くなり、家庭菜園がやや作りにくくなるかもしれませんが、その際は露地栽培ではなく、庭に家庭用温室を買ったりして、陽当たりに影響のない高い位置でプランター栽培することによってある程度対応可能です。

アパート・マンションに住んでいる場合

アパート・マンションにおいてベランダのすぐ前に人通りの多い道がある場合もよくあります。ただし、集合住宅の借家に住んでいる場合、ベランダの前に塀を作ったりすることはできません。その際、まずオススメなのはやはり中からは外がよく見えるものの外からは仲が見えにくいカーテンを取り付けるという形です。この形であれば、部屋にうまく光を取り入れつつ、きっちりプライバシーを保護できます。その他では、市販のマジックミラーフィルムを窓につけるというような方法も有効です。また、ベランダ自体に問題ない範囲で何かを取り付けるとすると、すだれのようなものをたてかけて、ベランダに縛り付けてきっちり固定する、というような形もおすすめです。

機密文書とは、一般の人には公開されておらず、特定の人達だけが読むことのできる文書のことです。読むことが許されていない人が間違って読んでしまうと、恐らくただでは済まないでしょう。