社内情報共有には社内SNS!横のつながりが仕事の幅を広げる!

社内SNSを活用すると情報共有に役立つ

普通に仕事をしていると、隣の部署では何をしているのか知らないということもよくある話です。横のつながりを活用することで仕事がしやすくなることもあります。その情報共有に社内SNSを活用するのです。隣の部署の人と話す機会というのは、同じ社内でもなかなかありません。普段から社内SNSで交流をすることで、情報の提供を呼びかけやすい関係を作っておくのです。役に立つ情報を教えてくださいとか、知り合いを紹介してくださいなどと社内SNSで呼びかければ反応があるかもしれません。社外で探すよりも社内で知っている人を探す方がかなり楽です。このような共同作業も社内SNSがなければ実現しない事案でしょう。

社内SNSを使って社内を活性化

社内SNSがどんなに役に立つツールであっても、いつも活用していなければなかなかうまく使いこなせないでしょう。そこで社内SNSを使ったイベントやコメントの推奨を会社側がするといいかもしれません。会社に馴染むまでは社員も社内SNSを使わないでしょうから、馴染むようなイベントを会社側が用意するのです。飲み会の企画でもいいですし、スポーツ大会の企画でもいいでしょう。参加者の募集をSNS内ですることでSNSを利用する機会を作ります。SNSの利用になれてしまえば、あとは各自で自分の仕事に役に立つように使い始めます。上手く活用され始めれば、横のつながりができるようになるでしょう。仕事の呼びかけ方のルールなどを決めておくと、混乱なく使うことができるので、その程度のルール作りは必要かもしれません。

社内SNSは、その会社の社員のみが参加できるSNSです。面と向かっては照れくさいことでもSNSを介してだと伝えることができたり、趣味の話題で盛り上がったりなど、プラスの効果が期待できます。