内定者フォローが必須!採用時点から始まる社員教育

内定を出したら社員教育が必須

社員教育は新入社員として入ってきた時点から始めるのが当然でしたが、状況は刻々と変わってきています。今では内定者フォローを行わないと辞退する人が増えてしまう状況が生まれているのです。内定を出したらすぐに社員として教育を行い、入社することへの高いモチベーションを維持していかなければなりません。社会人になることへの恐怖を抱く人がだんだんと増えてきていて、入社直前になって辞退する人がよく見かけられるようになりました。企業によっては想定していた以上に辞退者が出てしまって新年度の計画が大幅に狂ってしまっている場合もあります。このような事態に対策するための内定者フォローを徹底して行うのが企業の取り組みとして欠かせないものになっているのです。

辞退者を出さないための基本とは

内定者フォローによって辞退者を出ないようにするには互いの理解を深めることが最も重要になります。内定者懇親会を行うのは基本的な方法ですが、最も効果が高いと考えられる方法とも言えるでしょう。若干名の企業のスタッフと内定者全員を集めてざっくばらんとした話をできる場を設けるのは、入社することへのモチベーションを高めるのに適しています。入社することへの不安がある人はその場で聞くことが可能だからです。また、同じ会社で働く予定の同僚が似たような不安を抱えているのを知って安心できることもよくあります。このような交流の場を設けるのは辞退者を出さないための基本であり、内定を出してから定期的に行うのが大切です。

コンサルティング会社に相談するのが、勤続年数別に最適な社員教育を行うための基本です。講師派遣サービスも利用すると、社内で効率的に研修を受けられます。