社員研修をする事で見えてくるものと課題となるものとは

研修期間でどのような態度の社員がいいのか

会社に入社すると、どこの会社もたいてい社員研修が行われますが、これは本当に意味のある事なのでしょうか。会社によっては面白い方法で社員のやる気をなくさないようなやりかたで研修をしている所もありますが、多くの会社はマニュアルにのっとってごくごく基本的な事のみをたんたんと説明していく事になります。その中で大事であると思った部分があれば必要であればメモを取るなどして学んでいきます。そして研修期間が終わった後には早速実践といった形で仕事をしていくところがほとんどでしょう。研修期間にどれだけ得るものがあったかによってその後の仕事ぶりにも影響が出てきます。やる気のある社員とそうでない社員というのも、研修をする側からすれば研修をしている時点で明らかに分かってしまいます。

歩合制度のある会社の研修

社員研修をしていくにあたり、毎月の給料体制が皆同じような状態の会社の場合はやる気のある社員がそこまで目立つという状態にはなりにくいですが、そうではなく基本給プラス歩合があるという会社の研修の際は、歩合は向上心のある社員ほど結果を残しやすくなる為に皆がやる気に満ち溢れている場合が多いです。やる気がそのまま結果につながる訳ではありませんが、少なくともやる気がなくて最低限の給料さえもらっておけばいいという考えの人よりかは結果は出やすいでしょうし、会社としての信頼も変わってくるでしょう。歩合制度というのはやる気に比例をしているといえるでしょう。

管理職研修とは組織を管理する管理職が部下の育成や管理職の役割などを幅広く学ぶ、管理職を対象とした教育プログラムの事です。